まみずハルカ’s blog

私の日常もあなたの非日常。思想ブログ。持論という名の暴論。

福岡吉本のお笑い(福岡天神ビブレホールにて)

こんにちは、まみずハルカです

 

今日は先日行った、福岡天神ビブレホールでのお笑いライブについて書きます

 

私が行ったライブは「バリカタライブ」というもので

若手芸人が上のランクのライブに出るために競うネタバトルでした

(プラスでゲストのネタがあったのですが、今日はそれ以外について書きます)

 

1番驚いたのは養成学校NSCの生徒全体の芸人の半分くらいを占めていたところです

 

福岡は恐らく、芸人の数が少ないからでしょう

NSC生からすると場数が踏めるため、良いシステムですね

 

しかし、それもあってなのかクオリティは全体的に低めだなと感じました

(個人の感想です)

 

私は高校生の頃、無限大ホール(渋谷)という吉本の劇場によく行っていました

(当時では、パンサーやジャンポケなどが出ていました)

 そこでは、前売り1500円で(テレビでやっているような)クオリティが高いネタをみることができました

 

それと比べるとバリカタライブは到底、テレビレベルとは言えないですね

(ライブチケットの値段も半額以下だったのでしょうがないと思いますが...)

 個人的に(ある程度)面白いなと思った芸人は1~2組位でした

 

作りたてホヤホヤという感じですね

(もう少し練ったら、面白くなるかも...)

「学園祭で学生がやる漫才」という印象です

(実際、学生だからね...)

 

福岡よしもと(?)から有名に若手芸人は聞いた事ありません

(地方テレビには出てるでしょうが...)

博多華丸・大吉以降はいないですね(いたらすみません)

 

恐らくその原因はお客さんだと思いました

福岡の方は、お笑いにそこまで興味がないのかなと感じています

(それより、「ソフトバンクホークスって感じ)

 

バリカタライブでは、お客さんが面白かった芸人3組に投票して

そのライブの最後に順位を発表するシステムがありました

(この仕組みは面白い! )

 

ワンパターンのボケをかます芸人やイケメン芸人

票が入りがちだなと個人的には思いました

 

お笑いファンガチ勢が見に来ているというよりは

女子高生がきゃっきゃと見ている雰囲気に近かったです

(需要と供給の問題なので良いも悪いもありませんが...)

 

無限大ホールの場合は、20~30代の女性(綺麗目女子orお笑いガチ勢)が多かった気がします

 

総じて、福岡はお笑いが盛んではないことが分かりました

 

あくまで、個人の分析ですが、 

福岡は食べ物がご美味しいから、お笑いを見なくても自然と笑顔になるから

お笑いは盛んにならないのではないかと思いました

(きっとその方が幸せですね)

 

半年後くらいにまた見に行きます

 

ではまた~