まみずハルカの大学生ブログ

私の日常もあなたの非日常。頭は理系、心は文系の九大生が送る。持論という名の暴論。

大家族について(良いのか悪いのか)

こんにちは、まみずハルカです

 

昔からビッグダディなどの大家族のドキュメンタリーが好きでよく見ていました

今でも大家族の生活を動画を見たくなる波がやってきます笑

(Youtubeでつい見てしまう...)

 

私の親類や周りには大家族はいません

そのため、兄弟が10人いるという感覚が全くわかりません

 

実際のところはどうなのでしょう

 

テレビに登場する大家族のほとんどは貧乏なケース

「貧乏大家族でも一生懸命生きています!!」

という謳い文句で放映していることがよくありますね

 

 

 

家族の人数が多いことによって大学進学を諦めたり、満足な食事が取れていない

子供たちの姿を見ると、手放しに「大家族になりたい!」と思うことはできないです 

 

しかし、その一方で大家族への憧れはありますよね

家族は絶対的な味方と言えますが、その味方は多ければ多いほど心強いと思います

たくさんの兄弟は、自分が小さい頃は遊び相手になり、大きくなったら相談相手になるはずです

 

自分が大家族の母親だったらどうでしょう

 たくさんの子供たちに囲まれて死んでいけるのは幸せですね

反対に、家事に追われて一生を終えると考えると

誰のための人生だろうと思ってしまうかもしれません

(たくさんの子供の世話は消耗が激しそうとは思う)

 

結論、お金持ちだったら大家族に越したことないと思います

家事の一部(洗濯、掃除)はお手伝いさんに任して、

その分の時間を、子供に使うのが良いですね

 

テレビに出るタイプの特殊な大家族しか知らないので、

表に出てきていない大家族の生活がとても気になります

(特に、お金持ちな大家族)

 

私自身は大家族で育ってないため、常に人がいる(動き回っている)状態がどんなものなのか想像もつきません

大家族の環境でどんな人(子供)が育つのでしょうか

子供的には「遊び相手が沢山で嬉しい」と思うのかそれとも

「親の愛情が分散して寂しい」と思うのか

 

憧れつつ

考えつつ

 

では~