まみずハルカの大学生ブログ

私の日常もあなたの非日常。頭は理系、心は文系の九大生が送る。持論という名の暴論。

女子大生がボートレースに行った時の話

毎度、まみずハルカです。

 

年末になるとボートレースなどのギャンブル系の宣伝が増える気がします。

 年末の大規模なレースで一攫千金を狙うのでしょうか。

ボーナスを使い込む人もいるかもしれません。

 

今回は、去年の年末に行ったボートレースについて話をしたいと思います。

 

私は、ボートレースには人生で一回も行かないだろうなと思っていました。

ボートレースの話題は一切話したことも、聞いたこともなかったからです。

 

しかし、たまたまボートレースの広告に目が止まりました。

そこで、ボートレース場お笑いイベントをやっていることを知りました。

好きなお笑い芸人さんが二組もそこに来ると書いてあるのです。

お笑い好きの私は見逃すわけにはいきません。

 

お笑い芸人を見るために、ボートレース場に行くことになったのです。

 

そして、「どうせ行くなら人生で1回くらい賭けてみてもいいな」と

いつもの好奇心が湧き上がりました。

イベントの前日に、YouTubeでボートレースの賭け方を勉強しました。

(変なところで、勉強熱心...)

 

当日、600円分の舟券を買ってみました。

(100円から買える)

賭けるブースには、レースに出ている選手の勝率などが書いている紙があります。

その紙にはボートの製造年数など本当にたくさんの情報が詳細に書かれていました

常連の人は、細かく分析して賭けるのだと思います。

 

私は、選手の勝率だけを見て決めました。

勝率の高い順に並べたり、上位を入れ替えたりして順位を予想しました。

 

ボートレースの様子を見るのは、シンプルに楽しかったです。

ボートのオイルの匂い、そして水のしぶきを感じることで

スポーツ競技を見ているような気分になりました。

思いの外、爽やかなものでした。

 

結果、ビギナーズラック600円が1000円になりました。

勝った舟券を機械に入れるとすぐに現金化することができます。

私は勝率から、順位を判断して勝ったので今回の試合は"固い試合"ということになります。

 

その日、以来1回もボートレース場に行っていません。

しかし、行ったことない人は先入観を持たずに行ってみるべきだと思います。

私は、ボートレースの仕組みも含めてとても面白いと感じました

(ハマりやすい人はやめたほうがいいかもね笑)

 

普通に生きていたら、行かないであろう所にも

先入観を持たずに足を踏み入れると色々気づくことが多いですよ!

(2連複、3連単などの専門用語もそこで覚えた笑)

 

 

では、また明日〜