まみずハルカの大学生ブログ

私の日常もあなたの非日常。頭は理系、心は文系の九大生が送る。持論という名の暴論。

テレビがYoutubeに勝つには

こんにちは、まみずハルカです。

 

私は、普段テレビを全く見ません。

なぜなら、見たい番組がないからです。

一方、YouTubeは毎日と言っていいほど見ます。

 

この違いは、「ターゲット層」だと思います。

テレビは「万人受け」するものを作っています。

一方、ネットの動画は「その情報を求めている人」が対象です。

 

若者のテレビ離れが著しいですが、どうしたら若者がテレビに戻ってくるのでしょうか。

 

ニュースは良いとして、それ以外の番組でも万人受けするものに走る傾向がある気がします。

ターゲット層を広げたほうが、番組を見る人口を増やすことができると制作者が考えているからだと思います。

 

しかし、今の時代は人によって興味の対象の多様化が進んでいます。

 だから、ネットで情報を選択して見たいものだけを見るという人が増えました。

 

つまり、ターゲット層を広げることで誰にも響かない番組になるということです。

辛うじて、ネットに弱い年配者の支持がいまだにテレビにはあるので生きながらえています。しかし、これも時間の問題ですね。

 

ここまで、テレビ番組をボロクソに書いてきましたが、テレビの強みはあります。

クオリティ」です。

ふんだんに使える作成費と情報収集能力で他では到底マネできないです。

 だから、やるべきことは

クオリティを保ちつつ、ターゲット層を絞る」ことだと思います。

 

例えば、

"お笑い好きファンのため"のネタをずっと流し続ける番組。

 音楽番組は、ジャンル別に別の番組にするなどしたらどうでしょう。

きっと「その時間はテレビをつけよう」という気になると思います。

 

 

「暇だからとりあえずテレビをつけておく」という時代は終わると思います。

 

しかし、テレビ業界はなんだかんだ言って保守的ですよね。

だから、ネットに潰されてしまう未来が来る気がします。

(元テレビっ子の悲しき見解...)

 

何かしら改革した方が良いのではと感じます。

 

では、また〜